ママチャリ整備に用意しておきたい工具類

遅い梅雨入りのあと、西日本各地では大雨被害が出たりもしていますが自分の住んでいる地域はあんまり降ってなくて梅雨とかどこ吹く風って感じです。
今週はシフトの関係上珍しく3連休を頂いたのでママチャリでガッツリ走るか!…っと思っていたのですが何故かこのタイミングで風邪をひいてしまって……(-_-;)
しかも普通の感冒ではなく多分ウイルス性……今の所まだ喉が痛い段階ですが熱が上がって来たら死ねるんだろうなぁ…

まあそんな事はどうでもよくて、今回は表題の通りママチャリ弄りに必要な工具類を紹介したいと思います。
 
 
さて、自転車に限らず機械を弄るとなると工具ってのはまあ必須ですよね。
その工具も色々種類がありますし、良い物から微妙なものまで価格もピンキリ。
そんな中から今回はママチャリ弄りに焦点を絞って必要な工具類、またあると便利なものをピックアップして紹介していきます。
というか自分が普段ママチャリ整備に使っているものの紹介と言った方が早いでしょうか……w


というわけで、まずとても基本的なものがドライバーとスパナと呼ばれる系統の工具。
これらはネジやナット・ボルトを締めたり緩めたりするのに使います。

自分が使っているのはこんな感じのもの↓




工具類の中でも一番出番が多く、しかもサイズが各種ありますから揃える点数が一番多い工具になると思います。
左から順に説明していくと、プラスドライバーはまあ中型のものならどんな物でもOKです。
出番としてはブレーキレバーの固定ナットや後輪ブレーキをフレームに固定しているクリップアームのボルトなど、頭に+の溝が切ってあるボルトやチェーンケースの固定ネジなんかを回すのに使います。
また内装式変速機付きの自転車だとベルクランクカバーを外すのにドライバーが必須ですね。

マイナスドライバーはネジを回すという本来の用途とは違って、ママチャリ弄りに関しては樹脂製のフタなんかを「こじって外す」という用途でよく使います。
例えばクランクのナットカバーや前後のハブナットにキャップが付いている場合などは重宝しますし、スプロケットの脱着でCリングを外す時や内装変速機の内部機構のEリング外しなんかにも使用します。
ですので出来れば大きい物と小さい物があった方が便利ですね。

そしてスパナ類。
これはサイズがたくさんあるので、弄る場所が増えれば増えるほどスパナの本数も増えます。
その中で一番使うであろうサイズは10mmスパナ。
こいつは前後ブレーキワイヤーの固定ナットや前ブレーキをフォークに固定しているナットに使われているサイズです。
またチェーン引きもほとんどの場合10mmナットが使われていたりと各部調整作業でよく使うサイズとなります。

14mmと15mmはママチャリではそれぞれ前輪と後輪のハブナットがこのサイズですから、ホイールの脱着時には必須になります。
チェーンの張り調整時は後輪ホイールを動かす必要がありますから10mmだけでなく15mmスパナも必要になりますね。

8mmのものは後輪ブレーキとフレームを固定しているクリップアームのボルトがこのサイズになります。
これまたチェーンの張り調整時に緩めないといけない箇所なので10・15mmと併せて無いと困るサイズでもあります。
他には前カゴのステム側ステーの裏側に使用しているナットもこのサイズです。
あと17mmはちょっと特殊ですが後輪ブレーキをホイールから外したりする場合このサイズが必要になります。

スパナ類は高額な物の方が精度や強度があっていいのですが、自分の場合全て100均のものを使っています。
それでも特に不具合なく使えているので素人がたまに弄る程度の整備であれば100均製でも十分だと思います。
ちなみに12-14のメガネは車検から帰ってきた車のエンジンルームから出てきたもので、多分車屋さんが置き忘れていたんだと思います。
KTC製の物ですしちょっとイイやつだと思うのでそのままネコババしておきましたw


次にラチェットと呼ばれるレンチ。
ラチェットっていうのは回転方向が固定される機構の事ですので、この場合ボックスレンチと言うべきでしょうか。
ボックスレンチというのはスパナのようにナットやボルトに対して横から工具を掛けるのではなく、上から覆い被せるように掛けて回す工具になります。




自分が使っているのはこんな感じのソケットタイプのボックスレンチセット。
確か20年前ぐらいにオートバックスで買った2~3千円の安物だったと思います。

こいつはクランクの固定ナットのようにスパナを掛けられないような奥まった場所にあるナットを回す時に必要になります。
逆に内装変速機のベルクランクが付いているハブナットやペダルの根元部分みたいなスパナしか掛けられない場所では使えないので使用場所を選ぶ工具でもあります。
ですがまあ、ラチェットハンドルとセットになっている↑のような物だとスパナの代わりに使える場所であれば作業が楽ですし、また2面のみで固定するスパナと違ってボックスだと6面全てをガッチリ固定して回すのでナットやボルトの角を傷める可能性が少ないというのもこの工具の特徴です。

ちなみに↑のセットにはドライバーみたいな形をしたソケットハンドルも付いていましたが、横着して硬いナットを回そうとしたらハンドルの樹脂部分が割れましたw
まあドライバー型ハンドルはなくても特に困らないのでそのまま廃棄、その代わりに10mmのディープソケットだけ買い足しました。
このディープソケットはチェーン引きのナットを回すのに非常に重宝しますので、ママチャリ弄りにはかなりオススメの一品です。

ともあれ↑のような高価なラチェットレンチセットでなくてもいいので、せめて8mm~17mmまでぐらいのサイズのソケットレンチは揃えておきたい所です。
これもダイソーなどの100均に置いてるはずです。




それからこれも定番のアイテム。
ラジオペンチはブレーキワイヤーの交換や調整時などにワイヤーを掴んで引っ張ったり、ペダルの分解などで奥まった場所にあるワッシャを掴んで引っこ抜いたりとママチャリ弄りに限らずとても便利なアイテムです。
ワイヤーカッターはブレーキワイヤーをカットする程度しか使い道はありませんが、ニッパーで切るよりも楽に切れますし切り口も綺麗に切れます。
特にインナーワイヤーはワイヤーカッターで切った方が切り口のほつれが無いのでオススメ。
なのでワイヤーカッターがあればニッパーの出番はほとんど無いと言ってもいいかも知れません。

ウォーターポンププライヤーは丸い物を回すのに使う工具で、その名の通り水道の水漏れなどの修理で使うものです。
ですがまあ使い方によってはママチャリでも使う事があって、例えばボトムブラケットのロックリングの脱着に使えなくもないです。
ただやっぱり本来の用途ではないのでロックリングが傷だらけになったりしますし、あまりオススメはしません。
その他30mmぐらいの大きなナットを回すのにモンキーレンチ代わりに使う事もできます。
その代わり傷が…(以下略)

まあこの4つで言うとラジオペンチとニッパーは最低でも必要ですが、ワイヤーカッターはあった方がよくてウォーターポンププライヤーはあってもなくてもどっちでもいいっていう感じですね。
ちなみにこれらも普通に100均に置いてますが、ワイヤーカッターだけは200円での販売でした。


さて次からはいよいよ自転車整備に特化した工具類になってきます。




まずは薄スパナシリーズ。
基本的な整備にはこれらの薄口なスパナは使いませんが、ハブのグリスアップや前ブレーキの分解や調整といったちょっとマニアックな整備では必須となってくるアイテムです。

10~13mmのものはそれほど出番はなくて、前述のようにフロントキャリパーブレーキのロックナットを弄る時ぐらいしか使いません。
しかし真ん中の15mmハブコンレンチはグリスアップ等でハブを分解する際は必須になりますし、フロントブレーキのセンター調整でも使えるので使用頻度は高め。

その他自転車によってハブの玉押しの二面幅がまちまちだったりしますが、14mm~17mm程度のサイズはあった方がいいかも知れません。
自分の場合その辺りは画像一番右の100均製多用途薄スパナでなんとかしています。
ただこの100均薄スパナはその薄さだけあってさすがに強度に問題があるように思います。
なのでご自分の自転車でよく使うサイズが特定できるのであればそのサイズのハブコンレンチを買った方が絶対いいと思います。

ちなみにですが真ん中のE-toolのハブコンレンチはアマゾンで500円だったかそのぐらいのもの。
ですが100均製とは比べものにならない強度ですし、柄が長いので締めたり緩めたりが楽です。
余裕があれば今後これの17mmと14mmも買い足したいぐらいですね。




そして更にマニアックな工具類。
ここまでくると特殊工具とか呼ばれますが、とにかく用途が非常に尖がった「それだけの為の工具」というものたちです。

左からいうとまずチェーンカッター。
そのまんま、チェーンをカットする(ピンを抜く)ための工具です。
チェーンの交換時には必須アイテムで、「カッター」とはいいつつもチェーンのコマ同士をつなぐアンプルピンの圧入にも使ったりします。

次がコッタレス抜き工具。
俗に「クランク抜き」と言われる工具ですね。
その名の通り本当にクランクを抜くという用途の為だけにある工具ですが、しかしコイツがないとクランクを抜けないという困った工具w
しかもシマノの物とかだと1500円前後もしますから更に困った子です。
自分はもっと安い物でスーパーBかなんかっていうメーカーの500円程度のものを買いましたが実際この程度で十分すぎでした。

それから次は引っ掛けスパナ。
フックスパナとも呼ばれるコイツの使い所はBBのロックリングの脱着のみです。
ヘッドチューブのロックリングの脱着にも引っ掛けスパナを使いますが、そちらはサイズが違って30-32という少し小さいものになります。
ロックリングの脱着はタガネや貫通ドライバーで叩いて回すという方法もあります。
ただこれはあくまで邪道でウォーターポンププライヤーと同じくロックリングを傷だらけにしてしまいます。
なので愛車に傷を付けたくない人は正規の工具である引っ掛けスパナを使いましょう。

そしてバイスプライヤー。
ん?こいつ何でここにいるんだ?w
すいません、こいつは特殊工具でもなんでもなくてただの便利工具です(^^;
ペンチと万力が合体したような工具で、小さい物を強い力でガッチリと掴む事が出来ます。
使い所としては固着したネジをガッチリ掴んで回すとか、そんなネジザウルス的な使い方程度。
自分がもってるコレは100均製ですが、固着ネジに使おうとしたら先の挟む所がネジに負けて曲がりました\(^o^)/
さすが100均。

で、次がタイヤレバー。
みんな大好きタイヤレバー!
タイヤをホイールに脱着するのに使うレバーで、大体誰でも一度は見た事のある工具じゃないでしょうか。
ホイールにタイヤを装着する時は頑張れば手だけでもいけますが、ホイールからタイヤを外す時には無いと困るかも知れません。
最近ではプラスチック製で頑丈な物が安く売ってるのでそちらの方がタイヤへのダメージが少なくていいとは思います。
ただまあこれは買わなくても100均のパンク修理キットを買うとセットの中に2本ぐらい付いてくるので、そちらを買った方が多分お得なんじゃないでしょうか。

そして右端の丸っこいのがニップルレンチです。
コイツはスポークとリムを固定しているニップルを外側から回すための工具。
スポークの張りが緩んでリムに振れが出た場合に振れ取り作業をしますが、その時に主に活躍します。
またスポークの張り替えの時も使います。
スポークを弄る事ってのは素人整備の場合ほとんどないのでニップルレンチも安いので十分。
自分のは確か125円とかの中華製だったと思いますが、必要最低限の仕事はしてくれています。




んで、こちらはあれば便利な工具シリーズ。

といいつつ、右端の六角レンチは「あれば便利」じゃなくて無いと困る必須アイテムですが(^^;
こいつも入れるグループを間違えました、すみません<(_ _)>
ママチャリで六角を使ってる場所というとハンドル周りぐらいですが、一応それでもハンドルの角度調整やハンドルそのものの交換などでは必須になる工具です。
自分が使ってるのはお約束のように100均製で柄が非常に短い物で、ぶっちゃけこれだとあまり強いトルクで締めたり緩めたりができません。
なのでできれば柄の長い物を選んだ方がいいでしょう。
まあトルクが足りない時は柄の部分に要らないパイプなどを被せて疑似的に柄を長くする事もできますが。

で、あれば便利シリーズの一つ目、電工ペンチ。
ママチャリ整備において無くても全く困らないけどあるとちょっと便利。
使い所はブレーキワイヤーのエンドキャップを潰す程度ですが、ペンチで潰すより綺麗に、そして少ない力でちゃんと潰れます。
あとボルトを切断するためのネジ穴を使って外したボルト径を測る事もできますし、そのボルトのピッチが細目か並目かも調べられるという利点もあります。
自分のように錆びたネジ類をホムセンでネジだけ買ってきて差し替えたりする時は大変便利ですね。

次にゴムハンマー。
鉄のハンマーではちょっと叩きにくいなと言う場合コイツで叩くとソフトにしばけるので便利です。
ゴム以外にもプラスチック製のハンマーでも可。
これもやっぱり100均で買いました。

それとこれは結構オススメのY型レンチ。
これはホムセンのコーナンで400円ぐらいだったでしょうか。
8・9・10mmのコンビネーションなのでブレーキ系統を弄る整備ではこれ1本でほとんど事足りたりします。
またチェーン引きも極度にチェーンが伸びていなければこの工具で回せます。
Y字型なのでコンパクトながら割と強いトルクで回せるってのもいい所。
マジオススメです。




そしてもう一発、あると便利シリーズ。
こちらは工具ではありませんが、あると非常に便利。
ステンレス製の角型トレーや丸型ストッカーです。

ママチャリ整備をしているとどうしても油で汚れたパーツなどを付けたり外したりしますが、それらを地面に置くと地面まで油で汚れてしまいます。
そんな時にこういうトレーがあると周囲を汚す心配がありません。
また小さいネジ類なんかはストッカーに入れておく事で紛失防止になります。
特にハブやBBのグリスアップ作業ではステンレストレーが大活躍で、古いグリスをパーツクリーナーで洗い流す時や新しくグリスを塗ったパーツ類を並べたりするのに非常に使い勝手がよかったです。

これも100均に売っていますのでできれば何枚かあれば便利に使えると思いますが、複数枚買う場合は大きさは同じ物で揃えるのをオススメします。
何故かというと大きさがバラバラだと収納するのに嵩張ってしまいます。
大きさが同じであれば使わない時は重ねて収納できますので省スペースになります。




あと最後にケミカル類。
ケミカルっていうか…ほとんどは油ですがw

パーツクリーナーはとりあえずあった方がいいです。
古いグリスの洗浄なんかは556でも出来なくはないですが、洗浄するスピードも洗浄後の綺麗さも556とは段違い。
ホムセンで300円前後と、さほど高い物でもないので本格的に整備するならとりあえず持っておきましょう。

CRC5-56は潤滑剤としては乾燥するのが余りにも早い為、自転車整備においては使う事はあまりありません。
ただし局所的には必要な事もあります。
例えば固着しているネジやボルトを外す場合は556漬けが鉄板ですし、汚れたチェーンの清掃に洗浄剤として使う事も出来ます。
あとは錆落としとしても使えなくはないですが、それならチューブ入りの錆落とし剤の方がよく落ちますし、ホント556は使い所が限られますね。

右上のグリースメイトペーストは万能すぎるリチウム系グリスです。
自分の場合ハブやBBのグリスアップからステムやシートポストの固着防止や錆止めも全てこのグリスを使用しています。
試しに1000km程度走行したホイールのハブを開けてみた所、劣化もグリスの流出も認められませんでしたので耐久性も問題ないと思います。
一応この画像のものは190mg入りですが、合計3台分の前後ハブやBBのグリスアップとその他に使ってまだ半分以上残っています。
なので1本あるとかなりの期間(分量的に)もつと思われます。

それからグリースメイトのスプレータイプ。
普通のグリスの方はさほど使いませんが、一応フロントブレーキの両アーチの隙間やブレーキレバーの摺動部なんかにたまに吹く程度。
あとペダルのクランク側ベアリングに外からグリス注入するのには便利です。

シリコングリスの方はブレーキワイヤーのアウターケーブルの内側やインナーワイヤーの表面を潤滑するのに使います。
その他材質的にあまり油を付けたくない部分、例えばダイナモライトの回転部分の潤滑など。
ここは油分が漏れてきてリムに付くと前ブレーキが効かなくなりますし、機械内部の配線などに油が付くのもなんか嫌なのでシリコングリスを使っています。

最後にピカール。
言わずと知れた金属磨きの代名詞。
まあ買ったはいいけどほとんど使ってませんw
コンパウンド的に言うとかなり目が細かいので軽い錆程度ならコイツでもいいんですが、ガッツリ錆びてるものはピカールではピカりません。
ある程度の錆にはチューブ入り錆落とし剤、酷い物なら紙やすりなどで錆を落として、ピカールはその後の仕上げという使い方がいいと思います。
ただし、ステンレスなら錆を落としてそのままでもしばらくもちますが、鉄の素材だと下手に錆を落とすと一雨降っただけで錆が復活し、時には更に酷い状態になる事もあります。
なので鉄部分の錆落としは必ず錆落とし後の防錆処理もセットで行いましょう。(経験者談( ;∀;)



さてこんな感じの工具や道具たちに囲まれていつもママチャリ整備をしております。
冒頭に書いた通り工具類もかなりのピンキリですが、日曜大工的な素人整備程度ならそんなに高価な道具を揃える必要はありません。
実際自分の工具なんてほとんどが100均製ですしね。
もちろん板スパナのように100均のものはちょっとなぁ…という物も中にはありますが……

まあその辺りはアマゾンなんかで中華製の激安粗悪品を買ってみるのも一つの楽しみではあります。
値段なりのヤバイものがほとんどながら、中にはめっちゃ使える粗悪品(w)もありますよ。
何だかんだで今の所自分が買った工具で壊れて使えなくなったものって一つも無いですし、安いものでも使い方を間違わなければ全然問題なく使えるんだと個人的には思います。

ママチャリの整備作業は楽しいものですが、それと同時に工具類を揃えるのもまた楽しみだったりします。

ていうか意外にも自分ってモンキーレンチ1本も持ってないんだな…と今更ながらに思ったのでした……w
以前は古い工具箱の中にサビサビのが1本入ってたはずなのに、アレどこに行ったんだろう……(´・ω・`)
 
関連記事
スポンサーサイト



   

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索

自転車整備関連の記事検索するのに便利ですよ。
ちなみによく検索されているのはこちら↓
・内装3段変速機関連
・ボトムブラケット関連
・チェーン交換関連
・ハブ等グリスアップ関連
上記に無いものでも検索すると出てくるかも知れません。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
プロフィール

クレイジーホワイト


    管理人:
    クレイジーホワイト

    多趣味で何でも自分でやりたがる割にいい加減な奴です。
    なのでブログ運営もいい加減(;´∀`)
    とりあえず今はママチャリいじりに嵌ってます。
STRAVAはじめますた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
当ブログの戦闘力
戦闘力たったの

か……ゴミめ。