最初から懸念していた事ではあるけど…

最近クロスバイクを出すのが億劫になってしまって全く乗ってないクレ白です。
買った時から「その内出すのが面倒になって乗らなくなるんじゃねーか?」という懸念はあったわけですがやっぱりこうなる俺様クオリティ(´・ω・`)

やっぱ気兼ねなく雑に扱えるママチャリが最強ね。。。
 
 
さて、クロスは前述の通り全然乗ってないので不調もへったくれもないんですが、ママチャリのレモネードさんは一応ある程度は乗っています。
それで最近ではだいぶタイヤが劣化してきていてそろそろ買い替えかなーと思っていました。

参考までに今まで使っていたタイヤはこちら↓

     

IRC シティコンフォート耐摩耗(86型) タチセット2本巻き 2,640円(1年前当時の価格)


面倒なので写真までは撮ってませんがまあ、文字で説明するとだいぶトレッドの角が取れる感じに擦り減ってきててトレッド溝やサイド部分には結構なひび割れが全周に渡って入っている状態。
正直1年の運用でココまでなるか・・・っていうレベル。
海外生産ではあるものの一応国内メーカーのIRC製という事である程度は信頼して買ったんですけどねぇ…
まあ結局安いものは所詮この程度って事なのかな(´・ω・`)

まあそんなわけなので新しいタイヤを注文しました。
次のタイヤに選んだのは以前にも書いた事のあるCST(チェンシン)のC-1985というタイヤ。

参考までにこんなの↓

       

CST C-1985 タイヤ単品1本 2,424円


上記のものは最高値のショップなのでこんな値段ですが最安では1800円ぐらいでした。
…で、その1800円で出してたセラーで注文したら2日後ぐらいにメールが来まして。

「ご注文いただいた商品を在庫確認致しました所、当社倉庫内の在庫数を把握ミスしておりまして実際には在庫が無くなっておりました。そこでメーカーに在庫確認致しました所メーカー側でも欠品扱いとの事でした。大変申し訳ありませんが今回のご注文は当社責任によるキャンセルとさせていただきます。」(意訳)

…だってよwww(AA略)
倉庫見に行ったらあると思ってたけど無かったw なのでメーカーに電話してみたらメーカーも持ってないってwww
なんちゅうザルな仕事してんだこいつら…(;´∀`)
まあ無いもんは仕方ないので今度は2300円ぐらいで出してる別のセラーにて再び注文……
…しかしまた2日後にメールw

「ご注文いただきました商品につきましてメーカーに在庫確認致しました所~(以下略)」

いや、メーカーが在庫持ってないってのはもう聞いたからw
ちゅうかお前ら在庫持ってないくせに値段付けて売ってんのかよ(;´Д`)

という感じで結局どこも品切れで手に入りませんでした( ;∀;)
ヤフーショッピングでかなり安く売ってるセラーもあるんですが別途送料で、しかも送料は注文確定してからメールで連絡するとかふざけた事言うので買いませんでした。
確定してから送料1万円なwwwとか吹っ掛けられたら嫌ですしw

うーん、C-1985なかなかよさげだったのになぁ。
ママチャリには不釣り合いのスリックパターンに最大空気圧450kpaという高圧運用可能で、しかも1本460g前後という26×1 3/8サイズの中では最軽量という特異なタイヤ。
その上で値段は1本2000円程度と比較的安価です。
耐久性や乗り心地については使ってみないと分からない部分ですが、その辺も含めて一度使ってみたかったので今回入手できなかったのは残念でなりません。

しかしどちらにしてもレモネードさんのタイヤがヘタっている事に変わりはありませんのでとりあえず替えが必要です。
なので他にいいタイヤが無いか探してみるとコレがあった↓


     

IRC サイクルシード耐摩耗(85型) タチセット2本巻き 4,100円

だいぶ前にママチャリタイヤの良し悪しとかを書いた時にもちょこっと出てきたタイヤなんですが、その時の記事には「2本セットで3600円ほど」とか書いてますね。
それが今は若干値上がりして4100円となってます。
以前は3600円でも高いなぁと感じてたのに今は4100円ならアリかなと思っちゃう辺り、金銭感覚の崩壊が始まってますねw
クロスバイクの為に揃えた部品が軒並み高かったせいでママチャリ用品が妙に安く感じてしまうだけなんでしょうけども……

まあそれは置いといてIRCの85型。
こちらは型番的に見ると今付けてる86型からみると数字が若いので型落ちなのかなと思ってしまいますが、そういうわけではありません。
性能では86型は耐摩耗を謳ってはいるもののその他の性能は特筆するほどの物は一切ないようなタイヤで、よく言えば「中の下」であったり「まあそこそこ」という程度の物。
実際使ってみるまではcosmos・sakura・millionの劣悪御三家はもとよりシンコーやBSのSBタイヤよりは上だと思ってましたが、使用後の感想としてはシンコーとどっこいどっこいな感じ。
劣悪御三家よりはマシ、な程度ですかねぇ。
申し訳ないけど二度と買わないと思いますw

それに比べて85型はIRC製ママチャリ向けタイヤの中でも最上位クラスに位置しますからね。
耐摩耗を謳っているのは86型と同じですがトレッドパターンによる転がり抵抗やノイズの少なさ、またゴム質のしなやかさによる乗り心地のよさなど86型には無かった特徴を持ったタイヤです。
まあその辺はメーカー側の言い分や他人のレビューの受け売りなので実際乗ってみないと分からないですけど…(;´∀`)
ちなみに86型クラスは海外生産でその上のシティポップスから上位(もちろん85型も含む)は国内生産らしいですが…どこまでホントなのやら(。-`ω-)

あとこの他の選択肢としては親父のチャリにも使ったBSのロングレッドというのがあります。


     

BS ロングレッド 1本巻き 1,664円

親父のチャリの場合これに替えてからほぼ1年、週5~6日乗っていますがトレッド面の摩耗もそれほど無く、またサイドのひび割れなんかも全くありません。
なので耐久性・耐候性はさすが「ロングレッド」というネーミングに恥じないものだなという印象。
あと個人的に良いなと思う点はこのタイヤ、サイズ的には普通のママチャリ用である37mm幅なんですが実際にホイールに付けて実測してみると32mmほど。
まあ実際37mmタイヤとは言っても大体は実測で35mm程度なのが普通ですが、ロングレッドの場合はそれに輪をかけてさらに細いです。
もうパッと見た感じからして細いなってのが分かるぐらいですから。
タイヤが細いとどうなるのかと言えば、それは接地面積が減るのですから抵抗が少なくなるわけで、つまり漕ぎ出しが軽くなりスピードが出しやすくなり、また出したスピードを維持しやすくなります。
その代わり細くなった分内部のエアボリュームは太い物に比べると少なくなるのは必然で、その分乗り心地が固くなりますし段差などでリム打ちパンクのリスクが上がります。
なので重量物を積むような運用には向いていませんが、軽量化したママチャリでスピーディーに走るならロングレッドはいい選択になるかも知れません。

あとはこれも以前名前を挙げた事のあるミシュランのワールドツアー。


     

ミシュラン ワールドツアー タイヤ単品1本 1,430円

これも35Aと記載されていますが実測では32mmほどだそう。
乗り心地は固めだけどまあこの値段ならぜんぜんアリかなという感じですね。
ただ問題は見た目で、アメサイドは好みじゃないからなぁ……
あとツアラー系は軽さよりも堅牢さが求められるため重くなる傾向にあるのと、トレッドによる転がり抵抗の軽減なんかもあまり重視されていないようなのでそこもどうなのかなと。

っちゅうわけでIRC85型とBSロングレッドとの間で現在悩み中w
価格はほぼ同じだけど品質としては多分85型の方が格上のはず。
しかし走行性能だけは実際使ってみない事には分からないのでもどかしいですねぇ。。。(*´Д`)


…そいや関係ないけど携帯もそろそろ変えないと長らく使ってきたガラケーがもう1分ぐらい通話するだけで電池が死亡するようになってしまってたり。
そこで格安スマホに乗り換えるつもりでMNP予約番号取得して、いざ申し込み……
…と思ったらお目当てのスマホが在庫0になってまして計画頓挫(;´∀`)

最近こんなんばっかりですわ…(ノД`)・゜・。
 
関連記事
スポンサーサイト



   

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索

自転車整備関連の記事検索するのに便利ですよ。
ちなみによく検索されているのはこちら↓
・内装3段変速機関連
・ボトムブラケット関連
・チェーン交換関連
・ハブ等グリスアップ関連
上記に無いものでも検索すると出てくるかも知れません。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
プロフィール

クレイジーホワイト


    管理人:
    クレイジーホワイト

    多趣味で何でも自分でやりたがる割にいい加減な奴です。
    なのでブログ運営もいい加減(;´∀`)
    とりあえず今はママチャリいじりに嵌ってます。
STRAVAはじめますた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
当ブログの戦闘力
戦闘力たったの

か……ゴミめ。