ママチャリのヘッドパーツのグリスアップ

前回の記事でも書きましたように、少し前からレモネードさん(黄色いママチャリ)のハンドルがちょうど真ん中を向く所で何か「カコン」とノッチに引っ掛かるような感覚があって気になってました。
調べてみるとどうもヘッドパーツのベアリングの不具合のようです。

というわけで今回、レモネードさんの体の中で唯一まだ弄ってなかったヘッドパーツのメンテナンスを敢行致しましたw
なので今回も手順を紹介して簡単に説明しながら書いて行こうと思います。
 
 
さてまずヘッドパーツを弄るには下準備としてハンドル(正確にはステム)を先に取り外す必要があります。
そしてハンドルを外すには邪魔になるブレーキレバーやシフターなどを外したりと一手間どころか二手間三手間とかかって正直面倒です……
しかも前回のメンテで前後ともブレーキワイヤーの張り調整をしたばっかりなのに今回またワイヤーを開放する羽目に…(;´Д`)
まあやらない訳にもいかないので仕方ないですが(´・ω・`)

…んで、とりあえず色々外してステムを引っこ抜いて下準備が終わった所がこちらの写真↓




サイコンは非常に便利ですが有線式だとこういう時にはめっちゃ邪魔ですw
このサイコンの配線のせいでなかなかステムが抜けないし、しかも抜けたステムと線が繋がっている為に完全に分離できません。
あまり雑に扱うと線が断線しかねないのでやたら気を使いますし……

まあそれはともかくとして、ここからヘッドパーツをバラすには真ん中に写っている大きなロックナットを緩めて外します。
こいつは30mmだったり32mmだったりと物によってマチマチなので32mmまでいける大型のモンキーレンチがあれば大抵事足りると思います。
自分はこの為だけに今まで持ってなかったモンキーを買い足しましたw


     

 ↑これ。多分アマゾンで最安のはず。

で、ロックナットを外すとあとは特に工具なしでもバラけてしまいますが、一応再度組み上げる為にもパーツの入っていた順番を確認しながらバラした方が良いでしょう。




参考までにうちのレモネードさんの場合はこんな感じ。
これもモノによってかなりマチマチで、ワッシャがもっと複数枚入っていたりBBに付いているようなフックスパナでないと回せないロックリングが付いていたり。。。
ともあれ構造としては同じなので各々の環境でパーツの嵌っていた順番さえきっちり覚えておけば問題ありません。

それで、ロックナットを外したらその下のワッシャや前カゴのステーはただ嵌め込んであるだけなので上に引き上げて抜き取ります。
そしてその下にある玉押し、これは最初のロックナットと同様にフォークのネジ山にねじ込んでありますので反時計回りに回して外します。
これは所詮玉押しですからそんなに強く締まってはないはず。
もし手で捻っても動かない場合は錆付いたりして固着しているだけだと思います。
なのでそういう場合は556等の浸透潤滑剤を一吹きして少し時間を置いた後に再度チャレンジするなり、ウォーターポンププライヤー等でガッチリ掴んで強引に回すなりして外しましょう。
工具で掴んで回す時は要らない雑巾などを当て布にして掴まないと玉押しが傷だらけになってしまうのでご注意を……




というわけで玉押しまで外しました。
すると内部にリテーナー付きのベアリングが出てきます。
こいつはワンに乗っかっているだけなので持ち上げてやれば外れます。
そうしたら後はフロントフォークを下に引き抜けばヘッドのバラしは完了です。




これらがバラして出てきたパーツたち。
画像に矢印を付けているのはワッシャや前カゴのステーといった嵌め込んであるだけのパーツには輪っかの内側に一か所凸部分があり、これが左下に示したフォークのネジ部分に切ってある溝に嵌るように出来ています。
つまり向きの指定があって、その向き以外での取り付けが不可能という事ですね。
この辺はご自分で見てみればすぐに分かるとは思いますが、再組み付けの時の注意事項となります。

さてそれで、うちのレモネードさんから外したパーツを見るとリテーナー付きベアリング玉がかなり錆びているようです。
右側は上ワンに入っていたものでグリスは劣化しているものの錆びてはいませんが、左側の下ワンに入っていたベアリングはグリスも干乾びてしまって完全に錆び付いていますね……
こうなってしまっては再利用は不可能です。




一方、ワンの方はというと劣化したグリスをパーツクリーナーで落としてやれば思いの外綺麗なもんでした。
これはベアリングが錆び付いていた下ワンですが、レース面には虫食いなども見受けられないのでまだ十分使えそうです。
上ワンも同様。
一応ワンも含めたヘッドパーツ一式を用意してはいたのですが今回はベアリング玉だけ交換してグリスアップするだけで事足りそうですね。
まあ正直ワンを外して再度新しいワンを圧入というのはちょっと面倒だなと思っていたので良かったですが…w

あ、ちなみに右側に外したフロントフォークが映ってますが、下ワンのベアリングは外したフォークと一緒に外れました。
なので組み付ける時はフォークをヘッドチューブに戻す時点で下ワンのベアリングを入れるのを忘れずに。

…という事でワン内部や各部の汚れや劣化したグリスなどをパーツクリーナーで清掃したら、今度は各部に新しいグリスを塗りたくって再度組み立てていきます。
グリスアップ時のポイントとして、これはヘッドパーツに限った事ではなくてハブにしてもBBにしても同様ですが、リテーナー付きベアリングのグリスアップはリテーナーの内側の隙間にきっちりグリスを詰めてやるのが肝になります。
画像でいうとこの部分↓




玉やリテーナーの表面に塗っただけでこの隙間にグリスが詰まっていない状態だと、玉が回った時にグリスが玉に絡み付きません。
という事はつまり潤滑が適正にできていないという事になりますから、最初は良くても時間が経つ内に表面に塗ったグリスが劣化するとすぐに潤滑不良を起こして短期間のうちに虫食いやベアリングの破損といった不具合を招いてしまいます。
ですので、リテーナー付きベアリングに関しては手が汚れるのを嫌がって綿棒等でチョンチョンやらずに、指できっちりとグリスを塗り込む事をお勧めします。




はい、そんなわけで上下のワンと新品のベアリングにグリスを塗りたくって再度組み付けました。
一応フロントフォークのヘッドチューブの中に入る部分にも薄くグリスを塗っています。
これは錆止めの為ですね。

そしてここに内側にグリスを盛った玉押しを付けて玉当たりを調整します。
玉押し調整といえばいつもながらの「ガタ付かず、且つスムーズに回る締め具合」というのが基本。
ハンドルを付けてない状態でのガタ付き具合の確認がちょっと難しいですが、まあ手でハンドルを左右に回してみて抵抗がありすぎない程度にスッスッと回る程度に合わせておけば大丈夫だと思います。




玉押しの締め加減が決まったらワッシャやカゴのステーを元通りの順番に嵌め込んで、最後にロックナットを締めてヘッドパーツの組み付けは完了。
あとは下準備として外していたステムを始めハンドル周りの諸々を元に戻していきます。
この時ステムのヘッドチューブに入る部分にも錆止めの為にグリスを薄く塗っておきましょう。
錆止めと同時に固着防止という意味合いもありますから、次回ステムを外す機会が来た時に固着してしまって困る事が無いようにという事前防衛策です。

ちなみに上の画像では後輪のブレーキケーブルが前カゴステーの左側に来ていますが、それに気づかずにステーとカゴを固定してしまって超面倒な事になりましたw
皆さんはこういう凡ミスをなさらないようお気を付けください……( ;∀;)




という事で全て元通りにして作業完了。
これで前ブレーキを強く握ったまま前輪を前後に揺すってみてガタ付きが無いか確認します。
もしガタ付きがある場合はステムを固定した状態でも玉当たりは調整できますから、ロックナットを緩めて玉押しを若干締めたりして再調整しましょう。
ガタ付きが無くなってハンドルもスムーズに回るようになったら終了です。


さてそんなわけで、今回のメンテで思ったのは……
こんなにメンテナンススタンドが欲しいと思ったのは初めてだ(。-`ω-) …という事w
フロントフォークを外すので車体の支えが無くなってしまいますからね。
しかも外したフォークと本体はサイコンの電線で繋がってますから片方だけどこかへ立てかけるって事が出来ないので、仕方なく地面に車体を寝かせての作業でした(;´∀`)
そのせいで1.5倍ぐらい疲れた…w

まあでも今回メンテしたお陰でハンドルを切った時の引っ掛かりは完全に解消したので一応満足しています。
用意してたヘッドパーツ一式は無駄になってしまいましたが、まあ中華製の600円のやつですしリテーナー付きベアリング代だと思っておけばいいかなとw

ちなみにこれ↓


   

  自転車 完全一体型 ヘッドセット


しかしこの中華製ヘッドパーツ、2週間前に発注したものが昨日届いたんですが……
なんせ中華からの発送ですから開けていいものかどうなのか迷いました。
いやほら、今流行りの中華ウイルスとか大丈夫なのかなとww
一応外袋は速攻で捨てましたが内袋とかはそのまま。
外袋を触った後は念入りに手洗いしておきましたが……

もしこんなんで中華ウイルスに感染したとしたら笑うな…w
 
関連記事
スポンサーサイト



   

コメントの投稿

Secret

典型的日本人の差別意識を見たような

中華ウィルスとは差別ですね。時代や社会状況がスペイン風邪を容認しているものと違うのに、、、やれやれだわ。
ブログ内検索

自転車整備関連の記事検索するのに便利ですよ。
ちなみによく検索されているのはこちら↓
・内装3段変速機関連
・ボトムブラケット関連
・チェーン交換関連
・ハブ等グリスアップ関連
上記に無いものでも検索すると出てくるかも知れません。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
プロフィール

クレイジーホワイト


    管理人:
    クレイジーホワイト

    多趣味で何でも自分でやりたがる割にいい加減な奴です。
    なのでブログ運営もいい加減(;´∀`)
    とりあえず今はママチャリいじりに嵌ってます。
STRAVAはじめますた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
当ブログの戦闘力
戦闘力たったの

か……ゴミめ。